Maker

取り扱い企業

アイカナ

メーカー情報

arQana Technologies Pte Ltd は、鴻海科技集団(HonHai Technology Group)の傘下になり、iCana(アイカナ)として生まれ変わりました。
より迅速に、的確なニーズに応えるべく5G/6G無線通信市場向けRF半導体部品の開発・リリースをして参ります。[ 詳細はこちら



iCana社について

iCana社(アイカナ)は、台湾、ベルギー、米国に拠点を持ち、無線通信インフラやコネクテッド・ビークルを含む高度無線通信システム用のファブレス半導体部品サプライヤーです。
iCanaは、さまざまな半導体技術で高性能な製品のポートフォリオを構築し、市場とそのエコシステムをサポートしています。



鴻海科技集団(Hon Hai Technology Group)について

1974年に台湾で設立された鴻海(ホンハイ)科技集団(以下「フォックスコン」)は、世界最大の電子機器メーカーです。
鴻海は、技術ソリューションのリーディングカンパニーでもあり、ソフトウェアとハードウェアの専門知識を活用して、独自の製造システムと新技術を継続的に統合しています。
電気自動車、デジタルヘルス、ロボティクスの開発に能力を拡大し、新世代の通信技術、AI、半導体の3つのキーテクノロジーは、長期的な成長戦略を推進する上で重要な役割を担っています。

arQana社について

2014年にシンガポールで設立されファブレス半導体RFソリューションプロバイダーです。ベルギーと台湾に研究開発拠点を持ち、複数の半導体技術で最高のRFフロントエンド機能を低コストで提供するために、リファレンスデザインを活用したカスタム製品とスタンダード製品の両方の戦略に焦点をあてております。設立以来、GaAsおよびGaN製品の評価ボードを確保し、衛星通信地上局(KaおよびKuバンド)やフェーズドアレイレーダー(SおよびXバンド)向け製品の開発に成功して参りました。2021年、主に5G向けの無線インフラに注力することを決定し、Sub-6GHz向けの電力増幅器、ドライバー、フロントエンドモジュール(FEM)、スイッチに加え、mmWave向けのSi-CMOSビームフォーマー集積回路(BFIC)やFEM部品を開発しています。ISO9001を取得しており、SCF(Small Cell Forum)の一員として、Small Cellにおけるトランシーバーとフロントエンドモジュール間のオープンインターフェースの標準化に取り組んでいます。5Gワイヤレスインフラ市場で要求される高品質、低コストを実現可能にした製品ソリューション*SWaP-Cを提供するため、日本市場に参入。※SWaP-C(サイズ、重量、電力、コスト)

取り扱い製品

  • 高効率PA

  • ドライバー

  • ローノイズアンプ

  • T/RおよびRxフロントエンドモジュール(FEM)

  • ビームフォーマIC

  • スイッチ

PDF資料にて詳細をご覧いただけます

RF製品カタログ

ワイヤレス・インフラストラクチャーの概要

メーカ名

iCana Limited

(アイカナ)

所在地

5F., No. 28-2, Baogao Road,Xindian District, New Taipei City 231,Taiwan (ROC)

TEL

+886 2 2785 1339

URL

icana-rf.com

  • お問い合わせ

    製品およびメーカーに関するご質問や見積もり・カタログをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせフォーム
  • マイクロ波及びビデオソリューションに関することは、お気軽にお問い合わせください

    お問い合わせフォーム
    ニュース & 新製品情報 トピックス & イベント