ビデオソリューション|取り扱いメーカー

詳細情報

Haivision
ハイビジョン

メーカー情報

Haivision社(ハイビジョン)は、2004年設立本社:モントリオール(カナダ)及びシカゴ(アメリカ)General Datacom(GDC)、後のMiranda からスピンオフした会社で、ISR(Intelligence, Surveillance and Reconnaissance)分野で必要とされる低遅延で高品質のビデオ伝送システムがUAV / UGV, Aerostat 等に広く採用されています。
また、近年では同社が開発したSRT(Secure Reliable Transport)をオープンソース化し、広く利用出来るようにしています。
クラウドベースの配信、映像伝送ではHaivision社製品が広く受け入れられ、その技術は放送業界、産業分野で広く利用され世界的大企業に採用されています。
AVC/H.264から始まり、H.265 HEVC/H.265を用いて、全世界にリモートプロダクション、IPTV をはじめ映像の配信ソリューションを提供しています。
また、環境条件が非常に厳しいMIL規格に対応した製品群も提供しており、無人機、無人ロボット等、軍用および産業用機器に多数採用されています。

取り扱い製品

Makito X シリーズ小型ポータブルエンコーダ、デコーダ
  • Makito X エンコーダ:
     HD 入力
     HEVC/ H.265, および AVC/ H.264 対応
     SRTプロトコル対応
Makito X4 シリーズ小型ポータブルエンコーダ、デコーダ
  • Makito X4 エンコーダ、デコーダ:
     4K UHD または4ch HD 入力
     HEVC/ H.265, および AVC/ H.264 対応
     SRTプロトコル対応
Makito Rugged Encoder(軍用、産業用 堅牢モデル)
  • Makito X,および Makito X4に無人機搭載、艦船搭載、車両搭載モデルが用意されています。
双方向通信、配信ソリューションシステム
  • エンコーダ、デコーダのみならず、複数の拠点にまたがるエンコーダ、デコーダ機器をマネジメントするシステム、リターンフィードを組み合わせたシステム、オンデマンド配信を行うシステム等、ご利用の用途に合わせたシステムをご提供します。

Haivision製品概要

Makito Xシリーズ
Model 製品概要 PDF資料
Makito Xシリーズエンコーダ SRT(Secure Reliable Stream Dynamic Transport)機能により、パケットロスをダイナミックに自動補正し高品質でセキュアな映像伝送が可能。低遅延・高品質な映像伝送用エンコーダ
メーカ名 Haivision (ハイビジョン)
所在地 Head Office
2600 Blvd. Alfred-Nobel 5th Floor Montreal, QC, H4S 0A9 Canada
TEL +1 (514) 334-5445
URL www.haivision.com

I・M・C取り扱いメーカー一覧

アジャイルコバム/コブハムシーエムマイクロウェーブシーテックダリアン ダリキャップ テクノロジーディトムダイナウェーブエイチアールエル ラボラトリーズインスツルメンツ フォー インダストリーリーダーディベロップメントジーダスローガスマイクロウェーブマーキマイクロウェーブマイクロテックマイクロトロニクスマイクロウェーブコミュニケーションズラボラトリーズノースロップグラマンアールエフマイクロウェーブエンジニアリングアールエイチEravant エラバント(※SAGE Millimeter)ソノマサイエンティフィックトラック東光電子テラセンスディベロップメントトランスコムUniversal Microwave Components CorporationエックスマイクロウェーブAdant社ミシアンモーデックモデリシック株式会社システムデザイン研究所アバーメディア テクノロジーズナイアガラビデオコーポレーションオスプレイビデオハイビジョン

取り扱いメーカー

取り扱い製品

採用情報

page top